future-dream-a


オリジナルの生地と糸の通販 future-dream-a

商品カテゴリ

colors

コンテンツ

ツイッター Twitter
twetterはこちら♪
                                

 


生地・布

WEB SHOP 探検隊
 

生地 ネットショップランキング
 

パッチワーク ネットショップランキング
 
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1

先染め織物について。 その5

綾通しが済むと準備工程は終わり、経糸を巻きつけてあるフランジを織機にのせて製織の工程になります。
レピア織機にはキャリアという金属の板状のものが左右にあり(手織り機で使う杼の役割)


 


左から緯糸を運び真ん中くらいで受け渡し、そして右に運んで筬をうって織が進んでいきます。

 



パッチワーク用の生地でしたら(110㎝幅)、一日で約一反(50m)位を織り上げます。




…次回へつづく♪

2014-06-23 15:10:02

コメント(0)

折りたたむ

先染め織物について。 その4

整経(セイケイ)の次は綾通しの工程になります。整経の工程でフランジに巻き取った糸を筬(オサ)と綜絖(ソウコウ)に通す作業です。

綜絖は経糸を上げ下げするための織機の部品で、これによって織物の組織ができます。



◆綜絖…中心に糸を通す口があります。一本一本順番をまちがわないように通していきます。これが途中で間違っていると糸を抜きなおして通しなおしになるので大変です。

筬は平たい針状のものを櫛の様に並べた金属製の枠です。(金属製以外もあります。)
この筬に糸を通すことによって経糸が分けられて、決められた密度や生地の幅が一定になります。


◆筬…綜絖に通した糸を筬にも通します。こちらも順番を間違うと糸がねじれて織ることができません。
手織り機でトントンとたたいているのがこれにあたります。




◆綾通し完了図…筬を通し終えた糸は抜けないように縛ってあります。

…次回へつづく♪

2014-05-01 11:49:57

コメント(0)

折りたたむ

先染め織物について。その3

糸染めの次は整経(セイケイ)の工程になります。

整経とは 染め上げた糸を、作る柄の順番に揃えて 織物の経(タテ)糸を準備する工程になります。

まず、かせ染めにて染め上げた糸を糸管に巻きとる糸繰りという作業をします






その糸管に巻きとった糸を、作る柄の順番に並べる枠(ワク)立てをして、必要な巾、必要な長さを整経機に巻きつけます。











その巻きつけた糸を織機にのせる為に、フランジという筒状の物に巻きとって整経が完了です。






次回へ続く♪

2014-02-28 13:57:52

コメント(0)

折りたたむ

先染め織物について。その2

久しぶりに先染め織物のお話…

☆今日は糸染めについて☆

先染め織物の最初の工程は、糸染めになります。

染色方法には、カセ染とチーズ染があり、カセ染は一定量の糸を輪のように巻いて束にした状態で染色します。

        

一色染めの他に、新潟ならではのスペック染やカスリ染はこのカセ染になります。

        

チーズ染色は、穴のあいたボビンに一定量の糸を巻いた状態で染色します。

         

染上がった糸の状態なんて意外と見たことないですよね。

また次回をお楽しみに♫

2013-10-18 13:31:13

コメント(0)   |  トラックバック (0)

折りたたむ

先染織物について

フューチャードリーム・エーの取扱い商品の先染め織物は、読んで字のごとく
先に糸を“カセ”や“チーズ”の状態にして染め上げた糸を使って織り上げたものです。
先染め織物ならではの染糸の交差によってできる色合いをお楽しみいただきたいと思います。
これから先染め織物ができるまでについて、何回かにわけてご紹介していきたいと思います

次回へつづく…

2013-09-06 15:43:58

コメント(0)   |  トラックバック (0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1